解説|売れるホームページとは

売れるホームページを作成するためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

  1. ターゲット層を明確にすること ホームページは、何かを売り込むためのツールです。したがって、ターゲット層を明確にすることが大切です。誰に向けて何を売るかを明確にし、その人たちの関心やニーズに合わせたコンテンツを提供することが必要です。
  2. デザインの魅力を高めること ホームページのデザインは、訪問者に与える印象を大きく左右します。魅力的なデザインを取り入れ、使いやすいナビゲーションを設置することで、訪問者の興味を引きつけ、留まってもらうことができます。
  3. コンテンツの質を高めること ホームページに掲載するコンテンツは、ターゲット層に必要な情報を提供することが求められます。訪問者の関心を引くようなタイトルや見出しを用い、文章を読みやすく、分かりやすくすることで、訪問者がホームページに滞在する時間を延ばすことができます。
  4. SEO対策を行うこと 検索エンジンからのアクセスを増やすためには、SEO対策が必要です。適切なキーワードを含めたタイトルや見出しを使用することで、検索エンジンにより高く評価され、上位表示されることができます。
  5. SNSなどの拡散ツールを利用すること SNSなどを活用し、ホームページの情報を拡散することも重要です。自社のアカウントを利用することで、情報を効果的に発信することができます。

1.ホームページにおいても、ターゲット層を明確にすることが重要です。以下に、ホームページにおいてターゲット層を明確にする方法をいくつか紹介します。

  • ターゲット層に合わせたコンテンツを提供する ホームページに掲載するコンテンツは、ターゲット層に合わせて選定することが重要です。例えば、若年層向けの商品を扱う場合は、若者に人気のあるSNSと連携したり、ターゲット層に合わせたデザインや写真を使用したりすることで、ターゲット層に訴求することができます。
  • ペルソナを設定する ターゲット層を明確にするために、ペルソナを設定することが有効です。ペルソナとは、ターゲット層を想定した、架空の人物像のことです。ペルソナを設定することで、ターゲット層のニーズや課題を深く理解し、その人たちがどのような情報を求めているかを把握することができます。
  • ターゲット層に合わせた言葉遣いをする ホームページに掲載する文章やキャッチコピーは、ターゲット層に合わせた言葉遣いをすることが重要です。ターゲット層が理解しやすい言葉を使用したり、その人たちが興味を持ちそうな表現を取り入れたりすることで、ターゲット層にアピールすることができます。
  • ターゲット層のニーズに合わせた機能を提供する ホームページに掲載する機能やサービスは、ターゲット層のニーズに合わせたものを提供することが重要です。例えば、高齢者向けの商品を扱う場合は、文字や画像が大きく表示されるように工夫したり、操作が簡単で分かりやすいように設計することが有効です。
  • レスポンシブデザインを採用する 近年、スマートフォンやタブレットなど様々なデバイスでホームページを閲覧することが一般的になってきました。そのため、レスポンシブデザインを採用することで、ユーザーが快適に閲覧できるようにすることが重要です。レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズに応じて、ホームページのレイアウトやデザインを自動的に調整する技術のことです。
  • パッケージデザインを意識する ホームページのデザインにおいても、商品のパッケージデザインを意識することが重要です。パッケージデザインとは、商品を購入する際に直接目にするデザインのことであり、商品の魅力を高める重要な役割を担っています。同様に、ホームページのデザインも、企業やブランドのイメージを向上させるために重要な役割を担っています。
  • カラーリングを工夫する ホームページのデザインにおいて、カラーリングは非常に重要です。カラーリングによって、企業やブランドのイメージを伝えることができます。また、色彩心理学を活用して、ユーザーの感情を刺激する色を選択することも重要です。
  • アニメーションや動画を活用する アニメーションや動画を活用することで、ユーザーの目を引きやすくなり、訴求力を高めることができます。ただし、アニメーションや動画の使用にあたっては、読み込み時間や再生速度などの問題に注意する必要があります。
  • シンプルなレイアウトを採用する ユーザーがホームページを訪問した際に、すぐに情報を探しやすいよう、シンプルなレイアウトを採用することが大切です。ページの上部には、ロゴやメニュー、検索バーを配置するなど、必要な情報をすぐに見つけられるように設計することがポイントです。

2.ホームページのコンテンツは、訪問者が求める情報を提供するための重要な要素です。コンテンツの質を高めることで、訪問者にとって有用で魅力的なホームページを作ることができます。以下に、ホームページのコンテンツの質を高めるための方法をいくつか紹介します。

  • 目的に合わせたコンテンツを提供する ホームページの目的に合わせたコンテンツを提供することが大切です。例えば、商品を販売するためのホームページであれば、商品の説明や価格、注文方法などを詳しく掲載することが必要です。また、ブログやニュースサイトであれば、最新情報や分析記事、コラムなど、訪問者が求める情報を提供することが大切です。
  • オリジナリティのあるコンテンツを作成する ユニークなコンテンツを作成することで、訪問者の興味を引きつけることができます。例えば、自社製品の開発秘話や、業界の最新トレンドについての解説など、オリジナリティのあるコンテンツを作成することで、訪問者の記憶に残るホームページを作ることができます。
  • 視覚的にわかりやすいコンテンツを作成する ホームページのコンテンツは、視覚的にわかりやすくすることが大切です。例えば、文章は短く分かりやすくまとめ、見出しを使って構成をわかりやすくすることが重要です。また、図表やグラフを使用することで、訪問者が情報を理解しやすくすることができます。
  • 定期的に更新する ホームページのコンテンツは、定期的に更新することが大切です。最新情報や新製品の情報などを追加することで、訪問者がリピートしてホームページを訪問するきっかけをつくることができます。また、更新頻度が低いと、訪問者にとって情報が古いと感じられ、信頼性が低くなってしまうこともあるため、定期的な更新を心がけることが重要です。

3.SEO(Search Engine Optimization)対策は、ホームページをより多くの人に知ってもらうために必要な施策の一つです。以下に、ホームページのSEO対策についていくつか紹介します。

  • キーワードの選定 ホームページのコンテンツには、検索エンジンが認識しやすいキーワードを適切に使うことが大切です。具体的には、サイトのコンテンツやタイトル、見出し、URLなどに適切なキーワードを含めることで、検索エンジンから認識されやすくなります。
  • ページタイトルとメタディスクリプションの最適化 ページのタイトルとメタディスクリプションは、検索結果ページに表示される情報であり、訪問者のクリック率に影響します。タイトルはキーワードを含め、70文字以内に収めるようにし、メタディスクリプションは160文字以内にまとめるようにします。
  • 内部リンク構造の最適化 内部リンクは、ホームページの構造を示すものであり、訪問者にとっても重要な情報源です。適切な内部リンク構造を作成することで、訪問者が目的のページにたどり着きやすくなり、検索エンジンからも好ましいと判断されます。
  • 外部リンクの獲得 外部リンクは、他のサイトから自分のサイトにリンクされることで、検索エンジンからの評価を高めることができます。しかし、単に多くの外部リンクを獲得するだけでは、効果的なSEO対策にはなりません。適切なサイトからのリンクを獲得することで、自分のサイトへの評価を高めることができます。
  • モバイルフレンドリーなデザイン モバイルフレンドリーなデザインは、スマートフォンなどのモバイル端末からのアクセスに対応するために必要です。モバイルフレンドリーなデザインは、ユーザーの利便性を向上させ、検索エンジンからも好評価を得られるため、SEO対策には欠かせません。

4.SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの拡散ツールを利用することで、ホームページの露出やアクセス数を増やすことができます。以下に、SNSなどの拡散ツールを利用するホームページの方法をいくつか紹介します。

  • SNSアイコンの設置 ホームページ上に、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSアイコンを設置することで、訪問者が簡単にSNSでの拡散や共有ができるようになります。
  • コンテンツのシェア機能の設置 ホームページ上のコンテンツに、SNSでシェアするためのボタンを設置することで、訪問者が簡単にシェアすることができるようになります。
  • メールマガジンの配信 ホームページ上で、メールマガジンの登録フォームを設置することで、訪問者にメールマガジンの購読を促し、新着情報やお得な情報を配信することができます。
  • SNS広告の利用 FacebookやInstagramなどのSNS広告を利用することで、ターゲット層に向けた広告を配信することができます。広告の配信範囲や表示期間、予算などを自由に設定できるため、効果的なアプローチが可能です。
  • オンラインコミュニティの活用 自社の業界に関するオンラインコミュニティに参加することで、情報発信や交流を通じてホームページの露出を増やすことができます。また、自社の業界での知名度や信頼度を高めることもできます。

以上のように、SNSなどの拡散ツールをうまく活用することで、ホームページのアクセス数や認知度を向上させることができます。しかし、SNSなどの拡散ツールを利用する際は、適切な情報の配信やマナーを守ることが重要です。

関連記事

  1. 解説|ブランディングとは!!

  2. 解説!これからのホームページはどうなってゆくのか

  3. これ余談なんですけど

  4. デザインならコウヘイデザインへ

  5. 解説2|ホームページ制作を依頼する場合

  6. 説明|デザインの相談から納品まで

  7. 解説!失敗しないホームページ制作会社の選び方2

  8. 理念策定支援

PAGE TOP